So-net無料ブログ作成

久しぶりに天体写真を撮りました(オリオン座)。 [天体観測・写真]

天候などの都合で、半年以上撮影していませんでしたが、先日、富士山に久しぶりに天体写真撮影に出かけました。

まずは、現地についてすぐ始めた、固定三脚による撮影です。
麓に見える街の夜景がきれいだったので、夜景メインにと思って露光を合わせたため、星はあまり写っていないと思います。

Panasonic Lumix GF1, 15mm F1.7, ISO400, 20sec×986


夜景、というよりは、ほぼ雲を撮影したようになってしまいました。
いつもはRAWで撮影して、RawTherapeeで現像・強調・リサイズという処理を、一気にバッチ処理するのですが、今回は(間違えて)JPEGのみの撮影になってしまいましたので、撮って出しの写真をリサイズしてつなげただけです。
インターバルは3秒ですので、23秒x986=約6時間20分ぶんの映像になります。


今年の1月にも撮影しましたが、再び200mmによるM42周辺です。

20161029-m42.jpg

オリオン大星雲(M42)、馬頭星雲(IC434)、燃える木(NGC2024)
撮影: smc PENTAX 67 200mmF4(F4), Celestron CG-5 Computerized Mount, Canon EOS Kiss Digital N(Baader UV/IRCF)
オートガイド: なし。
露出: ISO800, 4minx8+8minx7
画像処理: Regim, RawTherapee, IrfanView

本当は、網状星雲を撮影したくて200mmレンズを持ちだしたのですが、出発が遅くて、しかも撮影地の西側が山で隠れてしまっているため、断念しました。
ダークはISO1600x8minで代用し、フラットやバイアスは省略の手抜き処理です。
撮影を開始したときには、既にオリオン座が天頂付近まで登っていたので、長時間の露光から開始したのですが、その後、雲に覆われてしまい、短時間の露光ができなくなって、中途半端な多段露光となりました。
前回より、背景の散光星雲が浮き出ていますが、ノータッチの前回より、今回の方が星が流れています。
また、結局、M42の中心付近は飛んでしまっていますね。
背景引きに失敗したのか、中央部から上は若干緑被り、下は青被りしているように見えます。

今回はとにかく久しぶりで、段取りが悪く、色々なトラブルに見舞われました。

まず、赤道儀の設置を始めてすぐに、カウンターウェイトを忘れたことに気づきました。
冷却EOS Kiss X2と、専用に使っている鉛バッテリーを2台持って行ったのですが、非力なAdvanced GTにカウンターウェイトなしでは、とてもカメラを支えられないと思い、急遽EOS Kiss DNに変更しました。
Kiss DNにマウントアダプターを装着した際に、公害カットフィルターを忘れたことにも気づきました。

次に、FlashAirとPCが接続できないというトラブルが発生しました。
最初は、また寒さのためにFlashAirが誤動作しているのかとも思いましたが、時期はまだ10月末、0℃前後の気温でしたので、動作するはずです。
色々調べているうちに、Windows Updateで更新されたWifi用のドライバが原因と分かりました。
ドライバを古いものに戻して、接続できるようになりました。

その後、ピントを合わせようとすると、今度はバーティノフマスクを忘れたことに気づきました。
仕方ないので、何枚か撮影しつつ、自分の勘でピント位置を決めました。
ガイド鏡は、以前ピントを合わせてから動かしていないので、ピント位置はあっているはずでしたが、何故かガイドカメラのピントがずれていました。
こちらも勘(?)で調整しました。

更に、自動導入時に、AstroTortillaで何度修正しても、ぴったり導入できません。
どうも、カウンターウェイトなしで赤道儀を動かしているので、自動導入精度も悪くなっていたようです。
仕方ないので、ある程度近づいたところで、撮影を開始しました。

最終的には、全天雲に覆われて、撮影を断念しましたが、その前、子午線越え直前に、最も赤道儀に負荷がかかる状況で、赤道儀が止まってしまいました。
オートガイドしているのに、まるで赤道儀の電源を切ったように星が流れていました。
今思えば、カウンターウェイトがないので、ガイド鏡も外して負荷を軽くし、ノータッチに切り替えたら良かったかもしれません。
赤緯体だけでも重いのに、200mmの67レンズを付けたカメラと、ガイド鏡、それを支えるアリ型プレートとアングルプレートは結構な重さになります。

このように、トラブルは色々ありましたが、それでも久しぶりに天体写真を撮影して、気分だけは満足です。


nice!(2)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 2

コメント 4

コウイチ

こんにちは。処理が早いですね。動画の方は、街に真っ黒い雲がかかる情景が、ハリーポッターのようです。僕は、35mmでオリオンを撮っていたのですが、光害がムラになってしまい、どうにも仕上がりません。素直に、星景にしとけば良かったです。もしかすると、来週チャンスがあるかもしれませんね。今度はお互い忘れ物の無いように、臨みたいものですね。
by コウイチ (2016-10-29 17:11) 

こけもも:

燃える木に馬頭星雲かぁ、いつか撮ってみたいですね。光害除去フィルターを買ってあるので今シーズン試して見ます。
by こけもも: (2016-10-29 18:02) 

ER34

コウイチさん、コメントありがとうございます。
赤道儀撮影の方に手がかかりすぎて、動画用の固定撮影の方は完全に放置していましたので、全くの偶然ですが、雲の動きや陰影が撮影できたのは良かったです。
赤道儀撮影の方は、全くの失敗でした。
忘れ物は困りますね。
by ER34 (2016-10-30 03:04) 

ER34

こけももさん、コメントありがとうございます。
燃える木も馬頭星雲も、比較的明るい星雲だと思いますので、ベランダ撮影でも公害フィルターがあれば写ると思います。
ぜひトライしてみてください。
by ER34 (2016-10-30 03:11) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

このスライドショーで天体写真を閲覧できます。 InstagramとSnapWidgetを利用しています。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。