So-net無料ブログ作成
検索選択

川沿いウォーキング&虫捕り野鳥撮影です。 [日記]

先週末も、習慣になってきた川沿いウォーキング撮影をしました。
今回は、5時30分ごろ家を出発し、早朝の川を目指しました。
また、以前中古で購入しておいた、Kenko Pz-AF 1.5x TELEPLUS SHQというテレコンバーターを使ってみました。
このテレコンは、購入してすぐに試したところ、現在所有している唯一の超望遠レンズ、
smc PENTAX-FA 80-320mm F4.5-5.6との組み合わせで、AFがとても遅くなることが分かったので、これまで使用を見送っていました。
ですが、野鳥を320mmで撮影すると、どうしても大幅なトリミングが必要になりますので、今回初めて野鳥の撮影に使ってみることにしました。
ところで、テレコンの製品名には1.5xと入っていますが、テレコンあり/なしで画角を正確に比較すると、ちょうど1.4倍であることがわかりましたので、画角やF値の計算には、1.4xを使うことにします。

まずは、カルガモの親子連れらしき一行に出会いました。

20160726-01.jpg
(80mmX1.4=112mm, F4.5x1.4=F6.3, 1/1250秒, ISO6400)

早朝で、かなり暗かったです。
家族連れだと、いつもより警戒心が強いのか、カメラの設定をあれこれ変えているうちに、すぐに草陰に隠れてしまいました。

つぎは、朝ご飯を探している(?)カワウです。

20160726-02.jpg
(320mmX1.4=448mm, F5.6x1.4=F7.84, 1/2000秒, ISO6400)

時折潜っていましたが、魚をくわえているところは見られませんでした。
捕食シーンを期待していたのですが、残念です。

朝日が昇ってきて、川面が少し明るくなってきたころに、カイツブリに出会いました。

20160726-03.jpg
(320mmX1.4=448mm, F5.6x1.4=F7.84, 1/2000秒, ISO6400)

カイツブリは初めてでしたので、見つけた瞬間、興奮してしまいました。
近くにカルガモがいたので、大きさを比較したところ、体長は半分程度で、かなり小柄でした。
テレコンで拡大できてはいますが、残念ながら解像度がもう一つで、目のあたりがはっきりしません。

更に上流に歩くと、アオサギが朝ご飯を探しているようでした。

20160726-04.jpg
(320mmX1.4=448mm, F5.6x1.4=F7.84, 1/2500秒, ISO6400)

今度こそ捕食シーンを撮影できるかと、10分ほど粘りましたが、コンクリートの穴をあちこちのぞき込むばかりでしたので、あきらめて引き返しました。

帰る途中、またカワウに遭遇しました。

20160726-05.jpg
(320mmX1.4=448mm, F5.6x1.4=F7.84, 1/2500秒, ISO6400)

食事にありつけたのか、泳ぐのを止めて、のんびりしているようでした。

それから、いつものトビです。

20160726-06.jpg
(320mmX1.4=448mm, F5.6x1.4=F7.84, 1/2000秒, ISO3200)

飛んでいる野鳥も、大きくてゆっくり飛ぶものなら、何とか撮影できるようになってきました。

ウォーキング撮影の最後は、木の枝の上で眠そうにしているアオサギです。

20160726-07.jpg
(320mmX1.4=448mm, F5.6x1.4=F7.84, 1/2000秒, ISO2000)

このあと、眠ってしまいました。
人通りの多い道で、警戒心なさすぎです。

テレコンを使用した感想ですが、大きく写せるものの、対象が遠かったり、小さい場合は、やはりトリミングが必要になりますし、その場合の解像度が不足しているように思いました(例えば上のカルガモやカイツブリの写真)。
もっと解像度の高いPentaxの☆レンズなどと組み合わせると良いのかもしれませんが、今使用している低価格ズームレンズの場合、テレコンなしでトリミングした画像と比べても、画質的なメリットが感じられませんでした。
というわけで、AFが速い分、テレコンなしの方が有利、という結論になりました。

さて、午後は家族で自動車メーカーのイベントを見に行ったあと、いつも通り虫捕りに出かけました。
今回は、大きな川の河川敷の広場に出かけました。

20160726-08.jpg20160726-10.jpg

草の生えた河川敷は、虫だらけです。
子供たちは、トンボや蝶、バッタを追いかけまわしていました。
茶色のトノサマバッタを見つけたので、子供には無理だろうと捕ってやりましたが、バッタが大きすぎて腰が引けたのか、子供たちには、かなり不評でした・・・

その後、レジャーシートでのんびりしていたら、周りをたくさんのトンボが飛び回っていましたので、試しに撮影してみました。
ここからは、テレコンを外して、いつもの望遠レンズだけで撮影しています(すべて50%トリミング)。

20160726-11-50%trim.jpg
(180mm/50%trim=360mm, F8, 1/2000秒, ISO800)

このトンボ、意外とゆっくり飛んでくれたので、初めて飛んでいる虫の撮影に成功しました。
と言っても、後から確認すると、しっかりズームしきれていないですね、ちょっと失敗です。
飛んでいる鳥もそうですが、背景は一色の空ではなく、草原や森だったら、もっと浮き出した感じになり、良かったと思うので、今後はできるだけそういう写真になるよう意識しようと思います。
その場合、AFが抜けると大変なことになりますけど。

さて、望遠レンズを持ってきてはみたものの、ここはあまり野鳥撮影ができそうな場所ではありませんでした。
それでも、トビなら多数いました。

20160726-12-50%trim.jpg
(320mm/50%trim=640mm, F8, 1/2000秒, ISO2000)

高く飛ぶ鳥は、どうしても背景が空になってしまいますね。

他には、ちょっと変わった形の鳥が飛んでいましたので、撮影してみました。
気づくのに遅れて、慌てて撮影したので、しっかりズームできませんでした・・・

20160726-13-50%trim.jpg
(128mm/50%trim=256mm, F8, 1/2000秒, ISO1250)

20160726-14-50%trim.jpg
(140mm/50%trim=280mm, F8, 1/2000秒, ISO1250)

カワウのようです。
飛ぶ姿を撮影したのは初めてです。
よく見ると、口を開けて飛んでいます。
鳴き声は聞こえませんでしたので、運動量が激しくて呼吸が大変だからでしょうか、あるいは何かを一生懸命やっていると無意識で口が開く人がいますが、それと同じでしょうか。

今週末から、一週間ほど実家に帰省してきます。
実家の近所にも川がありますので、野鳥撮影できるかもしれません。
ちょっと珍しい鳥に出会えるかも、と期待しています。


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

このスライドショーで天体写真を閲覧できます。 InstagramとSnapWidgetを利用しています。