So-net無料ブログ作成
検索選択

アンタレス周辺の撮影に挑戦しました。 [天体観測・写真]

しかし、カメラを結露させてしまい、センサーにごみも多数落ちていて、完全に失敗しました。
また、FlashAirの調子が悪く、PCに写真を転送できなかったので、現場では失敗に気づきませんでした。
ですので、今回の成果はタイムラプス動画のみです。




Panasonic Lumix GF1, 15mm F1.7, ISO1250, 35sec×535

撮影地は、八ヶ岳周辺です。
前半は月が出ていたので、強調するとすっかり青空になってしまいました。
ちょっとカラーバランスがおかしいかもしれません。
最後に少しだけ天の川が写りました。

FlashAirの問題は、前回使ったときに消してはいけないファイルを消してしまったようで、無線機能が起動しなかったことが原因だったようです。
専用ソフトで初期化することで、直りました。
次回は大丈夫だと思います。
冷却カメラの結露の原因は、空気を送る管がよじれて、つぶれていた可能性があります。
次回からは、撮影直前にきちんとチェックするようにします。


nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 2

コメント 2

コウイチ

こんばんは。こうして見ると、ほぼ曇天ですね。あんな状況で1時間半とはいえ撮影出来たのは、ラッキーでした。
GF1でもそんなにノイズが目立たず、十分使える感じだと思いました。
予想通り、ずっと天気の予報が優れないので、どうなるか分からないですが、来週、行けるといいですね。
by コウイチ (2016-03-27 23:54) 

ER34

コウイチさん、コメントありがとうございます。
はい、天気悪かったですね。
このレンズとGF1の組み合わせでは、カメラの発熱がレンズに伝わるためか、ヒーターなしでもレンズが曇ったことがありませんので、手軽にインターバル撮影するには役に立っています。
次回こそは、冷却カメラで成果を挙げたいです。
by ER34 (2016-03-28 00:18) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

このスライドショーで天体写真を閲覧できます。 InstagramとSnapWidgetを利用しています。